待ってました!

 「激マン!マジンガー編」再開です。「ハニー編」の終盤,少年チャンピオン連載分の話で終わりかと思っていたら,「SPA!」やら,その後の映像化の件まで一気にまとめちゃう展開には,「やっぱりこの人天才かも…」と思わざるを得ませんでした(前から知ってたけど)。
1515933523322.jpg
 公開中の映画も見てきました。もう記憶から消し去っちゃったんで何も語ることはないで~す。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版「マジンガーZ」

 永井豪画業50周年ということで,関連した企画が目白押し。何だかこのところいろんなものが立て続けに50周年を迎えていて,昭和40年頃の日本ってどんだけ凄かったんだと改めて感じています。
 「デビルマン」「マジンガーZ」「キューティーハニー」が相次いで再アニメ化されるわけですが,「デビルマン」はそんなに見たいとも思わないしネット配信だからどのみち見られる環境にないのでスルー確定。「ハニー」はどういう形で公開されるのか今のところ情報がないからとりあえず放置。
 「マジンガー」は今週から劇場公開だけど,どうせこんなのソフト発売の箔付けだろうから東京と大阪あたりの劇場でちょっとかけるだけでしょとか思ってました。
 私,劇場で見なかった新作映画ってあとからDVDやテレビ放映で見ることもほとんどないので,この「マジンガー」も見る機会はないだろうと思っていたんですが,地方のシネコンでも軒並みやるらしい。
 「バーフバリ」も「レディ・ガイ」もやらない県なのにバランスおかしいだろ!
1515591891509.jpg
 そんなわけで一応見に行こうとは思ってるんだけど,心配なのは新しいマジンガーZの姿。おもちゃの方はLa-Qで作ったかのような醜さで見るに耐えない。劇中ではもう少しマトモな見た目になってると良いなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

1514971127693.jpg
 あけましておめでとうございます。
 今年は戌年。こちら,トミカハイパーシリーズNEXTSTAGE特別機動隊サポートビークル,その名も「ドーベルマンジョン」でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「最後のジェダイ」のモヤモヤ感

 「最後のジェダイ」は12月15日公開。地元の映画館で15日深夜0時上映開始の最速上映イベントをやっていたので早速見てきました。まぁイベントと言っても満席になるようなこともないし,コスプレ客もいないし,カウントダウンとかもないしで,落ち着いたもんです。田舎なんで。
 映画の方はちょっとモヤモヤ感が残る出来だったかなぁという感じ。観客以前に登場人物たちが自分の立ち位置に自身が持てずモヤモヤした状態のまま話がすすむので,行動がブレるんですね。見ていて「あんたら一体何がしたいの?」という気持ちになってしまいました。
 そういう葛藤もテーマではあるんだろうけど,もっとワクワク感とか爽快感とかを感じさせてくれても良かったんじゃないかと思います。
 シリアスなシーンが多く,そこにまた頻繁にギャグを挟んでくるんだけど,基本的にこれが滑りがちなのにもモヤモヤ。前作はその辺上手くやってた気がするので残念です。
 それから子供や動物の描き方の「ディズニー臭」がキツめなのも気になるかも。
 しかし今作の展開で,このお話,終わりが見えなくなってきましたね。エピソードⅣ〜Ⅵは銀河皇帝を倒せば終わり,Ⅰ〜Ⅲはアナキンが暗黒面に落ちれば終わりっていうゴールがはっきりしていたけど,この3部作はどうなったら終わりになるんだかわからない。もっともディズニーとしては終わらせるつもりなんかないんでしょうけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後のジェダイ カイロ・レン

 数か月前からトイザらスや量販店のおもちゃ売り場には「最後のジェダイ」の大型看板や等身大パネルが立ち並んでるにも拘わらず,店頭に置かれてるのは処分価格になった「フォースの覚醒」の売れ残りばかりという不思議な状況を呈しているスターウォーズシリーズ最新作。
 結局地元ではまともに新商品を入荷してる店がなく,フィギュアはほとんどネットで買うことになりました。
1
 「フォースの覚醒」版では裾が長くて下半身が動かなかったカイロ・レンの3.75インチフィギュアですが,今回は脚が上がるようになってます。その代わりマントが邪魔で腕が動かせないけど。
2
 マントを外せば問題解決。前作ではこのライトセーバーで主に無抵抗のお爺ちゃん二人と操作盤をぶった斬るという大活躍ぶりだったレン君。今作でもお爺ちゃん相手率は高かったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

育毛の父

1511902924869.jpg
 当の本人がモミアゲ以外ツルっぱげなんだけど,そこは良いのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・札束

1511793089638.jpg
 相変わらず何考えてるのかわからない…(一応ガムです)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現場最凶のエキスパートチーム!

Photo
 「厚生労働省建設労働者緊急育成支援事業」が発行するフリーペーパー(というか結構立派な冊子です),「建設業WelCOME!」です。東京オリンピックに向けて,建設労働者の確保は待ったなしなのであります。
Photo_2
 建設のお仕事紹介コーナー。こんな殺す気マンマンの現場嫌だ…。
Photo_3
 でもコイツらアクションフィギュアのシリーズになったら絶対買っちゃうと思う。チーム専用のビークル(建機)や基地(飯場)も欲しいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンダーウーマン(劇場版)

1503938140068.jpg
 映画「ワンダーウーマン」見てきました。ワンダーウーマンにはどうしても,コメディ要素も大きかったテレビシリーズのイメージがあるから,私としてはもっと楽しい雰囲気の映画でも良かったんだけど,クリストファー・ノーラン&ザック・スナイダーの色が濃くついてる一連のDCコミック映画の中では,明るいというわけではないにせよ,シンプルで素直に見られる映画になってたと思います。
 ただ,最後のCGバリバリの戦闘シーンはちょっとどうなのかなぁ。劇中,太古の神々の戦については絵物語みたいな雰囲気で処理されていたのに,あそこであんなふうに即物的なぶつかり合いする必要ある?しかもたいして盛り上がらないし。
 人の中の善が悪がっていう話なんだからもっと観念的な感じで良かったんじゃないかと思います。
 そんなシーン入れるくらいなら,パラダイス島から外界に派遣する戦士を選抜するスポーツ大会を入れて欲しかった。私あれ好きなのに,今回の映画でやらなかったのが残念でねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トランスフォーマー 最後の騎士王

 映画最新作の感想などを。
 実写映画シリーズも5作目ということで、今回はかなり原点回帰というか,最初のアニメシリーズの雰囲気に寄せてきた印象です。
 「ああ,こんなシーン,アニメにもあったなぁ」と思うようなシチュエーションが多々あったし,後付け設定がいきなり明かされる唐突感もまたまさに「トランスフォーマー」。ただ,かつてのアニメシリーズからのファンであればそういう「超展開」も含めて「トランスフォーマーらしさ」として楽しめる作品になっていたと思いますが,そうでない観客にとってはついてくるのが難しい映画になってきているのかなぁとは感じました。とくに,劇中でおきるすべてのことに理由と設定の説明を求めてしまうようなタイプの人にはもう絶対無理でしょうね。
 何しろ「クインテッサ」だの「ユニクロン」だのと実写シリーズでは初出の専門用語が飛び交ってるにもかかわらず,説明なしだもんな〜。
 あとオプティマスが最終決戦の途中でしばらくいなくなるのはもう実写シリーズ恒例のネタということで良いんでしょうか?今回なんか最初に出撃しといて最後に現着とか,もうワケがわからん。
1504066799110.jpg
 メガトロン様。バリケードから報告を受けるシーンなんか,立ち居振る舞いから喋り方まで,まさにアニメ版そのままっていう感じがしましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ウルフェス2017