« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

空想脅威展

 六本木ヒルズで開催中の「空想脅威展」に行ってきました。
1
 ヒルズ展望台からの眺め。天気はいまいち。
2
 当然ガメラもいるわけですが,平成がメイン。普段他所で展示されているモノを集めてきたという感じ。私としては昭和ガメラをもっとフィーチャーしてほしかったけど,考えてみたら昭和ガメラで東京が舞台になったことってそんなに無かった。
 ガメラ以上に気になっていたのが展示の協力にダイナミック企画がクレジットされていること。永井豪と今回の展示とどんな関係があるのかと思ったら…。
3
 都市模型の背景に大魔王ゼノン様が投影されてるだけ(一定時間で魔王ダンテに切り替わります)。よくわからん演出だったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

次はレッドデスマスク

 だんだん前作とのつながりがわかってきた「タイガーマスクW」。何だかんだ言いつつも毎週楽しみに見ています。
 「W」の世界では「II世」とは違ってタイガー・ザ・グレイト戦が行われていました。基本的には初代アニメと同じ世界でありながら,富士山麓にみなしごランドの廃墟や秘密基地があったりと,原作漫画やII世の小ネタも挟んでくる感じ。
 ただ今度の虎の穴はロクに反則すらしないばかりか,リング上でケガさせた相手レスラーの治療費まで持っちゃうようなお人好しな連中なんで,直接虎の穴と関係がない新タイガーが彼らと戦わなきゃならない理由が見当たらないのがお話的に弱いところ。友達の父ちゃんケガさせられたっていうだけじゃなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とらのあなにはガッカリ(同人誌が買えなかったワケではない)

 魅力的な怪人レスラーを登場させてほしい!って前回書いたばっかりなのに,イエローデビル,ブラックパイソン,レッドデスマスクって,再生怪人ばっかり。
 今回の虎の穴は,かつてタイガーマスクに壊滅させられたことがあるんだとか。ケン・タカオカもいるし,初代アニメと完全に地続きな世界って考えて良いんですかね。「II世」はアニメとも原作漫画とも微妙に違う世界だったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイガーマスクw(笑ってるワケではない)

 止め絵と背景流しで処理される日本アニメのインチキアクションが大嫌いなんだけど,さすがにタイガーマスクのタイトルを掲げてるだけあって,試合のシーンは見応えある出来になっていましたね。
 初回は主要な登場人物の紹介に終始した感じでお話しが動き出すのはこれからってところですね。
 ただ,目的を同じくするダブルヒーローが対立関係にあって…ていうパターンにはもう本当に飽き飽きしてるんで,そこばっかり推されちゃうとかなりツラくなっちゃうかなぁと思っています。どれだけ魅力的な怪人レスラーを登場させられるかに力を入れてもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »