映画

ゴジラ死す

 中島春雄さんが亡くなりました。ミスターゴジラを偲んでゴジラのおもちゃの写真でも貼らせてもらおうと思ったんですが,怪獣と巨大ロボだらけの家に住んでるくせにゴジラグッズは驚くほど持ってなかった…。
1502250279445.jpg
 その辺かきまわして出てきた中島さんが演じたキャラクターがこちら。まぁこれもほぼゴジラみたいなもんだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポリティカル・コレクトネス

 外国,特にアメリカの映画を見ていると,出演者が白人偏重にならないよう気を遣っているのに気づかされることがあります。
 最近はさらに,人種に加えて障害者やLGBTの人たちにも配慮したキャラクター設定をするのが「知的な作品」として評価される要素なんだそうで,何だかメンドクサイことになったもんだなぁと思っています。
 先日「ライフ」というSF映画を見ました。宇宙ステーションのクルーが,ステーションに潜入した宇宙生物によって次々に殺されていくという,よくあるお話。ジェイク・ギレンホールらメインの白人スター俳優に,黒人や日本人(デューク・サナダ)を加えたキャスティング。
 この黒人というのが,重力下では車椅子必須の障害者という設定でした。しかも同僚のライアン・レイノルズをやたらと「親友」と呼んでまして,もしかしてコイツ「黒人+障害者+同性愛者」というポリコレ全部載せ状態なんじゃねぇの?と勘ぐってしまいます(レイノルズは『テッド』でもホモ役だったし)。
 実際,リブート版の「スター・トレック」シリーズでは,ミスター・カトーは男性と結婚しているということになっています(当のタケイ・ジョージさんはこの改変に良い顔はしていないらしい)。
 アメコミヒーロー「フラッシュ」のテレビドラマ版には車椅子の博士とホモの警官がレギュラーで登場。「スーパーガール」では原作だと白人だったジミー・オルセンが黒人になり,スーパーガールの姉はレズビアンという設定です。
 アメリカ版スーパー戦隊の「パワーレンジャー」は,レッドとピンクが白人,ブルーが科学者キャラ,ブラックとイエローが有色人種というのがテレビシリーズからの伝統ですが,公開中の劇場版では,レッドがアメフト部のスター選手,ピンクがチアリーダーという学園モノのステロタイプな設定に加えて,ブルーは黒人の自閉症児,ブラックは貧困母子家庭の中国人,イエローは人種はよく判らないけど有色人種でそのうえレズという,日本だったらおよそあり得ないメンバーに戦隊の「大いなる力」が受け継がれることになってしまいました。
 おかげでもう最近は,劇中でそのセクシャリティについて言及されないキャラがみんなホモに見えてくる始末。あぁ,もしかしたら私にもそのケが…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

映画「ザ・コンサルタント」

 原題は「THE ACCOUNTANT」。少し前だったら邦題はそのまま直訳で「会計士」だったのかな。
 「交渉人」「処刑人」「暗殺者」「逃亡者」「追跡者」「依頼人」「守護神」「蜘蛛女」…漢字3文字の職業(?)タイトルがやたらと流行った時期がありました。「HAKAISHA」なんていうのもこの流れだったのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ジュウオウジャーvsニンニンジャー」

 悪の策略で2大ヒーローが対決?しかし実は,騙されたフリをして敵の隙を伺っていたのだった!…という,毎度おなじみのストーリー。東映のヒーロー共演作は大半がこの脚本なんだけど,何とかなりませんかね。
 もっとも,子どもたちはこんな映画数年で卒業するワケで,何年も見続けてる方に問題があるということなのか…。でもそんな作品群でも出来不出来の差はあるようで,今回はかなり面白かったとは思います。
 レジェンドゲストはライブマンのレッドファルコン。声だけですが嶋大輔氏が出演,現役戦隊に「生命のヒーロー!」とエールを送りました。うーん,この「ゴーカイジャー」以降の「レジェンドヒーローが自分の主題歌の一節を台詞で言う」っていう演出も実をいうとあんまり好きじゃないです。
 ギャバンなんて復活後は「よろしく勇気!」を連発する人になっちゃって辟易。これからは「よろしく勇気!」1回につきJASRACに幾らか払うことにしたら言わなくなるかも。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「本能寺ホテル」

 綾瀬はるかさんに小栗旬に千葉ちゃん…。皆してこの時代にタイムトラベルし過ぎ。本能寺の壁にはこれまでやって来た芸能人たちのサイン色紙が貼ってあるんじゃないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「マックス・スティール」公開されてた…

 ここでも何度か話題にしたことがある,マテルのアクションフィギュア・シリーズ,マックス・スティールの実写映画化の件。
 今日ボケっとネットを眺めてたら,まったく知らないうちに今月公開になって,既に上映終了してることが判明。
 関東の上映館は都内だけだったみたいだけど,今月は何回か上京する用事があったから,見る機会はいくらでもあったはずなのに,全然気づかなかった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー

 エピソード3と4の間っていうか,もう4の直前のできごとを描くスピンオフ作品。
 スターウォーズっていうくらいだから戦争の話なのは当然だけど,今回はジェダイのようなヒーローがいない時代が舞台なので,本当に戦争映画らしい映画になってます。
 ポスターで綺麗なビーチに立ってるストームトルーパーの姿を見たときは「いつもは砂漠とか雪原ばっかりなのに今回はリゾート気分だなぁ」とか思ってたんですが,砂浜で敵味方の兵隊が撃ち合いしてバタバタ死んでいくあの感じは太平洋戦争のイメージなんでしょう。
 デス・スターも最大出力での発射じゃなかった分,エピソード4の惑星ごと爆発するという一種ファンタジックな表現とは違って,煙と炎が空高くまで上がって都市が消滅するという,核兵器を想像させるような描き方になってました。
 「ローグ・ワン」というのは主人公達が属する部隊の名前で,お話としてはいわゆる「決死隊モノ」です。
 とはいえ,観客はエピソード4以降を知ってるワケなので,彼らのミッションの成否も,生死を含めた運命も,おおよそどうなるかの見当はついちゃいます。
 そのなかで面白い映画にするのは結構ハードル高いかなぁとも思ったんですが,考えてみれば歴史モノとか戦記モノとかはみんなそういう条件で作ってるんだから,そんなに心配することでもないのかも。
 で,結果として今回も非常に良かった。「フォースの覚醒」に続いて,後付け成功だと思います。
 本筋以外の見どころとしてはやっぱりあの人とあの人の登場だよねえ。本当にビックリしました。あんなことできるならもう何でもありじゃん(ってCGの進化を見るたび言ってる気がする)。いくらかかるのかはともかく。
 それから,毎度毎度デス・スターが一点突破されると大爆発しちゃうのはいくらなんでも脆すぎるだろ!っていうのはみんな思ってたことなんだろうな。後付け設定とはいえ今回その理由が明かされます。
 「エピソード6」の皇帝の部屋の床に,落ちたら死んじゃうような穴が空いてた理由もそのうち誰か説明して欲しい。私がパルパティーンだったら絶対「ここ危ないから塞いどけよ!」って言うと思うんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「インフェルノ」

 「インフェルノ」とはいっても魔女三部作の2作目ではなく,ラングドン教授シリーズの3作目の方。
 でも,イタリアの夜のシーンになると画面が赤青のドギツい照明になっちゃうのはもしかして意識してる?
 お話も,「本当は見て,知ってるハズなのに記憶が曖昧になっちゃってるせいで真相にたどりつけない」って,これ絶対アルジェントだろ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミュータント・ニンジャ・タートルズ・影

1_3
 珍しく邦題にも「ニンジャ」が入ってるマイケル・ベイ製作版実写映画第2弾。エイプリルの声の人がどっか行っちゃったせいで,今回は吉本芸人吹き替えです。どうせ原語版でしか見ないけど,最近県内ではこの手の洋画は字幕版上映がほとんどないので,このタートルズにしてもX-MENにしてもゴーストバスターズにしても,字幕版を求めて片道2時間のIMAX上映館まで頻繁に遠征する生活になってます。自宅から10分のところにシネコンあるのにね。
 今回のタートルズはケイシー・ジョーンズ,ビーバップ,ロックステディ,バクスター,クランゲ,タートルワゴン,テロドロームと,見た目も含めてだいぶアニメに寄せてきた感じ。 内容の方は前作同様,見たあとに何にも残らない、良い映画でした。
 ドナテロとシュレッダーがセットになった写真のフィギュアは並行輸入版だけど,一部の商品はホットトイズが代理店になって劇場の売店やトイザらスなんかで発売されています。脇キャラがあんまり出てないのが残念だけど。
 これまでフィギュアの輸入代理店だったドリームズ・カム・トゥルーはキーホルダーやTシャツなどのグッズだけ担当。久々に名前見たなあドリカム。もっとおもちゃの輸入販売も頑張ってよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シン・ゴジラ

 映画冒頭からいきなりゴジラ出現しちゃって,あとはそれに対する日本政府の作戦がひたすら描かれます。登場人物の日常とか,恋愛とか,別れた妻とか,長いこと会ってない息子とか,そういう寄り道一切しない潔さが良かった。
 それだけに,突然反戦・反原水爆的なセリフが出てくるところが数ヶ所あったのが違和感。そもそもシン・ゴジラは出自に水爆は直接関係ないのに。
 もし実際に怪獣が現れたらというシミュレーション的な部分は,平成ガメラでもやってるからそんなに目新しいことはなかったかな。
 平成ガメラシリーズだと,登場人物は大別して「大人」「オタク」「軍人」の3種類で,政治家や官僚に代表される「大人」は愚かしく,その大人社会から外れた異端者である「オタク」は優秀で常に正しく,「軍人」はやたら勇敢でカッコイイ…という描かれ方でしたが,シン・ゴジラもそれを踏襲してる感じですね。
Photo
 主役の長谷川博巳っていう人は巨大カメ怪獣と共演した「ラブ&ピース」のほか,「舞妓はレディ」や「クリーム玄米ブラン」のCMなど,歌う役のイメージが強かったんだけど,今回は歌いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧