G.I.ジョー

真田は日の本一の兵ぞ!

Photo
 リタリエーションのフィギュアも第3弾ともなりますと「映画?何ソレ!?」っていう感じのキャラが混ざってきます(どうあってもジンクスは出さないつもりらしい)。これは映画未登場キャラの「武道(ブドー)」さん。
Photo_2
 武道さんは見てのとおり武士の血を引くサムライ・ウォーリアー(いや現実の武士の子孫でこんな格好してる人には会ったことがないから『見てのとおり』は語弊があるかもしれない)。
 以前からキャラとしては存在してるんですが,フィギュアになるのは久しぶりな気がします。確か昔は日本人の感覚からするとおよそサムライには見えない珍妙なヘルメットをかぶった人だったと記憶していますが,しばらく見ないうちに本格的な甲冑を調達してきたようで「ヘンなニッポン」感はだいぶ薄れて…いるんでしょうか?
 ちなみにG.I.ジョーチームには「武士道」さんというメンバーもいまして,格好も同じようなもんですが別人です。
Imgp9490_2
 カブト脱着!で笑い飯の人が登場。
 陣羽織も外せますが,外すと上半身の鎧が歪んで右に寄ってるのが目立っちゃうし,首周りのボリュームがなくなって見た目がイマイチなので着けといた方が良いと思います。
Photo_3
 陣羽織,鎧,兜すべて軟質素材製。とはいえ可動についてはほとんど死んでまして,肘もロクに曲がりません。膝なんか二重関節になってるけど何の意味もありませんね。
武器は2本の刀のみ。腰に挿せるようになってるけど鞘がないので抜き身のまま。
Photo_4
 マスク(面頬)からはちゃんと中の人の目が見えるようになっています。
 鹿の角をつけた赤備えってモロに真田幸村ですよね。六連銭つけてやろうかしら。
Photo_5
 「真田幸村,見参!」
 私の愛する映画「真田幸村の謀略」より。馬はインディジョーンズから借りてます。
Photo_6
 ゾンビ対サムラーイ!これぞまさしくリアルアメリカンヒーローG.I.ジョー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リタリエーション ファイヤーフライ(その2)

21
 G.I.ジョー リタリエーションのファイヤーフライです。以前映画の公開に合わせて発売されたものとは違い,こちらは公開終了後に発売になったシリーズ第3弾のうちの1つ。
Imgp9454
 シリーズ第3弾には,このファイヤーフライに加えデューク,コブラコマンダー,フリント,スネークアイ,ストームシャドーと,リタリエーションですでに発売済みのキャラクターの別バージョンが含まれています。
Imgp9458
 そのような場合,ロードブロック(第1弾)とバトル・カタ ロードブロック(第2弾)のように商品名で区別がつくようになっているのが通例だと思うんですが,なぜか今回発売された商品はそういう区別がなく,同一カテゴリーに同じ名前の別商品が存在するというちょっとややこしいことになっちゃってます。
Photo
 これまでのリタリエーション商品では省かれていたスタンドが付属。ドッグタグを模したデザインでキャラ名の表示はなく,第3弾全員共通のものみたいです。
25
 ナイフのホルダーは右脛に一つのみですが,ナイフは2本付属。
 襟周りの造形が独特です。
Imgp9467
 この銃もおなじみですね。かつてコブラコマンダーもこの銃持ってるバージョンのがありました。
Photo_2
 ヒスタンク型の攻撃ドローンが付属。
Imgp9473_2
 これも新造形ではなくこれまでも何度か他のフィギュアについてたことありますね。
29
 ただ私自身は写真で見たことはあったものの実物を入手するのは初めてだったので嬉しかったです。ヒスタンク好きだし。
20
 ファイヤーフライも嬉しそう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

リタリエーション ニンジャコマンドー4×4

Photo
 映画「G.I.ジョー バック2リベンジ」にも,ジョーとコブラが繰り出す様々なビークルが登場し楽しませてくれました。
 玩具との連動という点では,ヒスタンクがほぼそのままのデザインで登場し,ヒスタンク好きの私は劇場でニヤニヤしっぱなし。ロードブロックが乗るトレッドリッパータンクと戦車同士の接近戦を繰り広げてくれました。
 また,ファイヤーフライのバイクもそのままでまないものの似た雰囲気のものが登場していました。
Photo_2
 今回紹介するのも,リタリエーションシリーズで発売されたG.I.ジョーのビークルの1つ,「ニンジャコマンドー4×4」です。
 G.I.ジョーのビークルは同じ商品が色や仕様を変えて何度も発売されることがよくあるので,新規造形されたものかどうかは不明です。
Photo_6
 見てのとおり,劇中でスネークアイとジンクスが,ストームシャドーを探索する際に乗っていたバギーカーをイメージした商品です。
 ただしよく見ると実際に映画に登場した車両とはそんなに似てはいないようです。
Photo_3
 4つのホイールはサスペンションが効くようになっており,前輪は左右にステアリングを切ることができます(運転席のハンドルとは連動してません)。
 その他,屋根のワイヤーつきミサイルがスプリングで発射,助手席の銃が可動といったギミックもあり。
Photo_4
 ドライバーとしてスネークアイのフィギュアが付属。シリーズのフォーマットに倣い,武器もなく可動部を省略した簡易バージョン。
 全身黒づくめなのは毎度のことだけど,このスネークアイはテカテカのツヤあり仕上げなんで,変態エナメルフェチ男に見えてしまいます。
Photo_5
 映画に登場しながら単品売りフィギュアがなかったクラッチは,トレッドリッパータンクの付属フィギュアになるというフォローがされていることから考えると,ここはジンクスを立体化するチャンスだったんじゃないかと思えるだけに,4×4の付属フィギュアがスネークアイというのはちょっと残念な気がしてしまうんですよねぇ…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

リタリエーション ニンジャドージョー

 我が家の最寄りのシネコンじゃ来週も上映続くそうで,意外なロングランになってる「バック2リベンジ」。とはいえもう公開期間も終盤なのは間違いないわけで,関連商品もちょっと買い易いお値段になってるところも見かけるようになりました。おかげで今になってまた色々買い込んじゃってます。
 以前,スネークアイ,ストームシャドウ,レッドニンジャの3体セット「ニンジャショウダウン」というのを紹介してますが,今回買ってきたのはもう1種の3体セット,その名も「ニンジャードージョー」!!商品名の意味とかはこの際考えない方が良いかと。
 このセットは映画でも実質主役だったロードブロックに加え,カマクラとビーチヘッドという何とも奇妙な取り合わせ。
Photo_8
 まずはロードブロックから。本セットのロードブロックは顔や腕に迷彩ペイントを施したワイルドな姿が特徴。
Photo_7
 ニンジャショウダウンセットと同様に,たくさん付いてる武器パーツを誰に持たせるかは遊ぶ側の自由です。一応パッケージの写真を参考に。
 おそらく武器パーツはすべてこれまで発売された商品からの流用で,このセット用に新たに作られたものはないと思います。
Photo_6
 ベストは外せます。フィギュア本体は単品売り版と同じみたいですね。ただし単品版ではギミック優先のため独特な造形になっていた右手は普通の形に戻っています。
Photo_5
 劇中のロック様はタイアップしてるらしいスポーツメーカーのシャツをずっと着てましたが,このタンクトップはアラシカゲ製?映画でもスネークアイの登山装備にしっかりアラシカゲマークが入ってたりしてなんだか微笑ましかったりしましたが。
Photo_9
 お次はカマクラ君。原作ではジンクスともどもスネークアイの弟子の若いニンジャという設定の彼。リタリエーション関連商品では単品売りがないのでこのセットでしか手に入りません。しかも今回の映画には登場しません(いや,東京のシーンにいたアラシカゲメンバーのうちの一人がそうだとか言い張られたらそれまでか…)。
Photo_10
 検証はしてませんが見るからに過去のニンジャキャラのパーツの寄せ集めですね。ド派手な火遁の術エフェクトがついてたり,目立ちそうな黄色と黒のニンジャスーツを着てたりの「シグマ6」版フィギュアの印象が強いカマクラ君だけど今回は地味なもんです。黄色と黒のスーツデザインだけは「バック2リベンジ」のジンクスが継承したみたいです。
Photo_11
 頭部は覆面の上からさらに頭巾を被せられるようになってます。
Photo_12
 映画で活躍してるジンクスが商品化されてないのになぜかの抜擢となりました。
Photo_4
 カマクラに輪をかけてナゾのラインナップとなったのがビーチヘッド。彼も今回の映画関連商品としてはこのセットのみの参戦。
 このブログで何度も書いてるようにビーチヘッドは私の推しメン。もう一人の推しメン,ファイアーフライと似たようないでたちですが,見分け方は「悪そうな方がファイアーフライ」ってことでOK。発売されたのは嬉しいんだけど,映画では影も形もなかったビーチヘッドがなぜ…?
Photo_3
 カマクラと同様,アニメではジンクスと絡むシーンが多かったビーチヘッドなので,こうなると今回ジンクスが発売されてないのが残念に思いますね。「バック2リベンジ」でジンクスが目隠しして武術の稽古をするシーンがありましたが,アニメだとあの稽古の相手はスネークアイじゃなくてビーチヘッドなんだよなぁ。
 ところで右腕の星条旗が裏表逆なのは何か意味があるんでしょうか?
Photo_2
 ビーチヘッドも新造パーツはなさそうです。頭部は「パースーツ・オブ・コブラ」版と同じですね。
Photo
 シップレック「服かぶってんだよお前!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レネゲイズ スカーレット

Photo
 映画「バック2リベンジ」にはスカーレット,カバーガール,バロネスは登場せず,そのかわりレディJとジンクスが参戦。前作の女性陣出ないとなればもうキレイドコロはこの辺しか残ってないもんなぁ。おかげで数合わせの関係かジンクスはポスターではコブラ側に配置されちゃう羽目に。コブラ軍団の女性キャラ不足は結構深刻かも。
 今回ザルタンの弟ザンダーが出てるから,妹のザラーナを出すっていう手もあるけどね。
Photo_3
 さてレディJといえば「短髪で胸元チラチラさせながらヤリ投げる人」っていうのが私のイメージ。今回の映画の彼女は短髪ってわけでもないしヤリも持ってなかったけど胸元は全体的にはだけ気味だったんで合格です。
 日本語吹替え版のレディJの声はモデルの菜々緒さんが担当。「ご本人の見た目からするとジンクスの方が似合いそうだから,どうせならそっちの声の方が良いのでは?ジンクスなら台詞も多くないだろうし…」とか思ってたんですが,思いのほか悪くなくて,違和感なく見ることができました。特に戦闘シーンなんかはかなりカッコ良かったと思います。
Photo_2
 ジンクスは目隠しした初登場シーンで充分合格って感じでした。ヘアスタイルは「シグマ6」あたりのイメージなのかな?そういえば雪山シーンの派手な全身タイツは「シグマ6」での相棒でもあるカマクラ君のコスプレに見えてしまった…。
5
 そんな「バック2リベンジ」の女性キャラ二人ですが,公開延期前に発売されたフィギュアにはどちらもラインナップされず,公開に合わせてようやくレディJだけが発売されたものの商品はこのレネゲイズ版スカーレットのリデコ品という何とも寂しい仕様。
 アニメのデフォルメされたラインを再現したこのフィギュアをベースに実写のキャラを作ろうっていうのはやっぱり無理があると思うんだよねぇ。ちゃんと劇中の姿を再現したレディJとジンクスのフィギュアを出してもらえないもんでしょうか。
7
 レネゲイズ版スカーレット自体は決して出来の悪いフィギュアじゃないですよ。ウルトラマンサーガ」のチームU隊長に似てる気もするけど…ウホッ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リタリエーション コブラコマンダー(ブラック)

1
 「バック2リベンジ」版コブラコマンダー,スチルだと青い衣装に見えたんですが実際の映画では黒でしたね。映画版のフィギュアは青と黒両方発売されています。青バージョンはこちらで紹介済み。
Photo_2
 商品自体は色以外は青バージョンと同じ。杖は青いまんまです。映画もこのフィギュアもアニメのコマンダーをイメージした姿ではありますが,デザインはだいぶ違いますね。
Photo
 今回の映画でも「コーブラー!」とは言ってくれなかったコマンダー。前作ではDVD特典でジョセフ・ゴードン・レヴィットが1回だけ言ってくれてたけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リタリエーション ニンジャデュエル・スネークアイ

1_2
 一口にスネークアイといっても,和テイスト強めなものや,実在の特殊部隊風味のリアル寄りなものなど,バリエーションは様々です。
Photo_2
 このニンジャデュエル・スネークアイは歴代スネークアイフィギュアの中でもトップクラスにサイバーな趣き。
Photo
 刀は2本ついてますが,背中の鞘には1本しか挿せません。
Photo_3
 ナイフも2丁ついてますが,腰に収納できるのは1丁分のみ。
Imgp9047_2
 ピストルは左腰のホルスターに収納できます。
Photo_4
 そして,またしても付属するワイヤーユニット。予告編でもさんざん使ってるし,ニンジャ軍団のワイヤーアクションが今回の映画の大きなウリなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リタリエーション バトルカタ・ロードブロック

 「G.I.ジョー バック2リベンジ」,レディJの日本語吹替え担当の菜々緒さんはじめ,オリラジあっちゃんやらエースのジョーまで駆り出して宣伝もだいぶ派手になってきましたね。
Photo
 このバトルカタ・ロードブロックはポスター等でもよく見る劇中のロードブロックのコスチュームをかなり忠実に再現したフィギュアになっています。スタンドは公開延期前に発売されたバージョン同様ついてませんが,足首の可動が復活してます。「バトルカタ」が何なのかはこの際気にしない。
Photo_2
 腰の左右のホルスターに収納されている銃。今回の武器パーツは,共通のグリップ部にアタッチメントを付け替えることで様々な用途に使えるというギミック。確か「シグマ6」のデュークの武器も似たようなタイプでした。このギミックにこだわりのある開発スタッフでもいるんでしょうか。
Photo_3
 銃のグリップのみを残し,スティックを接続して警棒タイプの武器に。スティックは未使用時にはベストの背中に装着できます。
 公開されているスチール写真を見ると,劇中のロードブロックもこの銃のグリップ部分のみのパーツらしきものを持ってるようなんですが,映画にも出てくるんでしょうか。
Photo_4
 こちらは小型のナイフ。グリップが大きすぎて使いづらそうな気がする…。ナイフの刃はベストに収納が可能です。
Imgp9016
 上の写真よりは刃渡りの長いナイフ。この刃もベストと脛のホルスターに収納しておけます。何だか「食いしん坊万歳!」みたいな写真になってますが,ロードブロックには料理人っていう設定もあるんでまあいいか。
Photo_3
 そしてさらに,今回のロードブロックにはちゃんと重機関銃がセットになってます。これは嬉しい。やっぱりロードブロックには機関銃がなくちゃイケません。
Imgp9027_2
 ポーズがいまいち決まらないのもいつも通り?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バック2リベンジ公開間近!

Photo_2
 「バック2リベンジ」,アメリカじゃなかなかヒットしてるみたいでパート3の製作もイケそうな感じだとか。
 写真は劇場でもらってきたチラシ。この映画,公開延期があったせいもあるけど結構な種類のチラシ作ってるよね。IMAX上映も決まったし日本でもヒットすると良いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リタリエーション ニンジャショウダウン

Photo
 6月の公開が待ち遠しくてワクワクが止まりません!
 今回紹介するのは「G.I.ジョー」になくてはならないニンジャキャラが一度に3体も揃うお得なBOXセット。その名もニンジャショウダウン!ストームシャドーの首は買ったときから外れちゃってました。挿し直したから無問題。
Photo_3
 まずはスネークアイから。ベスト着用してる以外はリタリエーショシリーズの単品売りバージョンと同じボディですが色が違います。
Photo_4
 個人的には単品売り版よりこっちのカラーリングの方が好みかも。
Photo_5
 このセットにはどこかで見たようなニンジャっぽい装備品が多数付いてくるんですが,どれが誰の武器かは特に決まってないようなので,イメージで適当に持たせています。
Photo_6
 お次はストームシャドー。こちらも単品売り版の色違い。
Photo_7
 胸の巨大なコブラマークのインパクトはなかなかのものですが,白い部分が落ち着いた色合いになり,増えた塗装箇所とのバランスも良い感じになっています。
Photo_8
 ナギナタは前にもストームシャドーに付いてたことがあるので持たせてみました。
Photo_9
 これは弓なんですがなぜか矢はついてません。
Photo_10
 続いて登場はその名もレッド・ニンジャ。こいつは単品版持ってないので比較はできず。
11
 フィギュア自体は以前別シリーズでストームシャドーとして発売されていたものの色替えです。これまでの歴代レッド・ニンジャフィギュアはみんなそんな感じらしい。
12
 とにかくド派手!これぞまさにアメリカンニンジャ。
10
 真っ赤な忍者装束に笠!こういうインチキっぽい日本観こそがG.I.ジョーらしさなんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧